知覧特攻の母鳥濱トメ顕彰会

当会は、特攻隊の偉業を顕彰し鳥濱トメの想いを引き継いで、正しい歴史認識を広めるための活動をしています。

〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-37-2-202

お問合せはこちら 03-5431-1752

光山文博(卓 庚鉉)少尉 御命日

光山文博(卓 庚鉉)少尉 御命日

鳥濱トメと特攻隊
光山文博(卓 庚鉉)少尉
昭和18年、光山少尉は京都薬学専門学校(現・京都薬科大)から学徒出陣し、太刀洗陸軍飛行学校知覧分教所時代の知覧飛行場に入校。
特別操縦見習士官第一期生として、教育隊で操縦教育を受けていました。
そのころから、すでに陸軍指定食堂となっていた富屋食堂に頻繁に訪れて鳥濱家の面々と交流を図っていました。そのころから彼は、「自分は朝鮮人です」と口にしていたそうです。
そんな光山少尉を、トメさんは何かと気にかけ面倒を見ながら、一緒に食事したりまるで自分の息子のように可愛がっていたそうです。そんな中、彼は異動していきました。
昭和20年になって、光山少尉は第五十一振武隊として知覧に戻ってきました。この時期に戻って来た、ということは特攻隊員になったんだ、とトメさんも気が付きます。残り少ない時間を大切に過ごしていきます。
そして、出撃前夜の5月10日の夜、食堂に一人で来ていた光山少尉をトメさんは自分たち家族の部屋に呼びました。長女の美阿子さんと次女の礼子さんと4人で過ごしていました。光山少尉は、いつもは軍歌などを戦友らと歌ったりしませんが 「今夜は最後だから、故郷の歌を歌うよ。おばちゃん。」と言い、歌い始めたそうです。光山少尉は帽子深くかぶって顔を隠したが、肩がふるえているのを鳥濱家の皆は気が付いていました。
トメさんや娘たちもたまらなくなって泣きながら一緒に「アリラン」を歌いました。光山少尉は歌い終わると、朝鮮の布地で織った黄色い縞の入った財布に、筆で「贈 為鳥浜とめ殿 光山少尉」と書いて渡しました。
「おばさん、今日まで大変お世話になりました。お世話になった御礼と言ってもこんなものしかありませんが、形見と思い、受け取ってください。」と言いました。
光山少尉はその1年前に母親を失い、戦況の悪化した3月には歳老いた父親と妹も朝鮮に送り返していました。
昭和20年5月11日、光山少尉は、遺書も書かずに出撃されました。
事務局

«